お知らせ

福岡モビリティショー2023に出展しました

2024.01.12

2023年12月22日~25日にマリンメッセ福岡で開催された、福岡モビリティショー2023に出展いたしました。

当日は2台の車両を展示いたしました。

【日野デュトロZEV】
日野自動車が宅配用に専用開発した小型EVのトラックの荷室部分を客席に変えることで、安価なEV小型
コミュニティバスとして開発しました。従来のコミュニティバス(1BOX車両)に対し車体サイズが
コンパクトなこの車両は、ほぼ同じ定員を確保できる一方、リフトを使わず車いすのまま乗車でき
ワンマン機器は大型路線バスと同じ装備が搭載可能という今までにない特徴を備えており、これからの
時代の小型コミュニティバスとしての可能性を持っています。

<お客様の反応>
外から見たらトラックだけど車内は明るく、想像以上に広い印象を持たれた声が非常に多かったです。
車いすで来場されたお客様に実際に車内までスロープ板を使って乗車していただき、固定装置まで装備して
いるところに大変驚かれていました。市販されていたらキャンピングカーに改造して利用したいという
声も あり、実際に商品化できる可能性を持った車両であることを実感しました。

【パジェロバスEVコンバート】
当社のルーツの一つで2010年に解散した西日本車体工業(以下、西工)で製造したパジェロバスを
「EVコンバート」(内燃機関エンジンをEVに変換)いたしました。
このバスは前側半分は三菱パジェロ、後側半分はマイクロバスのボディーをつなげたユニークな形で、
1997年から京築交通で過疎地域にお住まいの方々の貴重な足としておよそ6年間走り続けました。
その後路線が廃止された後は活躍することがなく当社においておよそ10年保管していましたが、
この度EVコンバート化した姿で再び皆様にお披露目することができました。

<お客様の反応>
モビリティショーのHPに画像がアップされた直後からネット上でその噂が広まり、初日は雪が降る生憎の天気にも拘らず長蛇の列ができるほどのお客様にお越しいただきました。
当時をご存じのお客様には降車ボタンの音色や手書きの運賃表など、その懐かしい姿を大変喜んでいただけました。また、古い車体を電気自動車に改造したギャップも楽しんでいただけたようです。
車両を製造した西工がたくさんのファンの方に愛される企業であったとをより一層実感いたしました。

当日ご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました。

 

【展示車両について】
デュトロZ EVバス

パジェロバス

【お問い合わせはこちら】

お知らせ

MORE